武蔵野市のリフォーム会社|クリーンアップ・インターナショナル

武蔵野市のリフォーム会社
フォームからのお問い合わせ
 
トップ  >  リフォームのすすめ
リフォームのすすめ

リフォームの必要性

リフォームの必要性壁塗装は見た目を美しくするだけではなく、建物の構造体を守る役割を果たします。
色あせ、ひび割れ、カビ等は塗装の保護機能の低下を示す黄色信号なのです。
家の老朽化の要因は強烈な紫外線や水分、地震や台風、酸性雨、大気汚染物質などが挙げられます。
放置すると劣化部分から建物内に水分が侵入してさらに促進していくことになります。
塗装の機能には老朽化などの対策となる防水機能の向上や、保護機能の向上・復元などがあげられます。

 

塗り替えのタイミングは?

塗り替えのタイミングは? 一般的に新築時から10年目前後が適切な時期だと言われています。
経年劣化により、塗膜の劣化・防水性の劣化・ひび割れ・シーリング材の劣化などが著しくなりつつあるのがこの時期です。
ハウスメーカーさん等も10年目の定期点検に合わせて外装リフォームのご提案をされる事が一般的です。
外装リフォームは早過ぎず、遅過ぎず、適切な時期に行うことで建物のライフサイクルを効率的に延ばして維持していくことが可能となっていきます。

 

塗料の種類

塗り替えのタイミングは?塗料には様々な種類があります。
大きくは、アクリル→ウレタン→シリコン→セラミック・フッ素という順番で耐候・耐久性が良くなっていきます。新築時にはあまり性能の良くない塗料が使用されています。(これは手を抜いているという意味ではありません)
現在リフォームにおいては、シリコン樹脂を使用することが標準となっています。
耐久年数は12年〜15年位が目安となります。
シリコンとセラミックの中間のセラミックシリコンや、石材調などの意匠性を持った塗料や今話題の遮熱・断熱塗料など様々な塗料があります。
お客様のご要望に応じてご紹介・ご提案させて頂ければと思っております。

塗料 耐久年数
フッ素・セラミック 15〜18年
シリコン 12〜15年
ウレタン 7〜10年
アクリル 5〜7年
 
 

工事の流れ

1.現場調査
ご依頼頂いた上、お客様のご指定の日時にお伺い致します。
建物の状態を診断、採寸すると共に、お客様のご要望等をお聞きします。
工事の流れ
2.お見積り・ご提案
現場調査結果に基づき仕様を選定し、お見積りを作成。
見積書、資料を基に詳しくご説明差し上げます。
工事の流れ
3.ご契約
正式に工事のご依頼を頂きましたら、工事日程、カラー等のお打ち合わせをさせて頂きます。
工事の流れ
4.ご近隣(ご入居者)様への工事のご挨拶
工事期間中は近隣の皆様の方々に何かとご迷惑をお掛けするかも知れません。
工事内容の説明を含めご挨拶させて頂きます。
工事の流れ
5.足場仮設
安全な工事が出来る様、建物に合せしっかりとした足場と共に飛散防止ネットを設置します。
工事の流れ
6.高圧洗浄
高圧洗浄機で水洗いを行います。汚れなどを除去致します。
工事の流れ
7.下地補修
お建物の状況によって、塗装前に下地の調整を行います。
※シーリング工事・クラック(ひび割れ)補修など
工事の流れ
8.養生
窓サッシなど塗装を行わない箇所を汚さないように半透明のビニールシートで養生致します。
近隣のお車などにも状況により養生を行います。
工事の流れ
9.完了確認
お客様立会いのもとに工事の仕上がりをご確認頂きます。
工事の流れ
10.足場撤去
安全にすみやかに足場を撤去致します。
工事の流れ
11.点検・清掃・お引渡し
足場解体後、最後に現場廻りを点検・清掃して完工となります。
 
 

リフォームのすすめ

足場 足場
高圧水洗い 高圧水洗い
外壁塗装 外壁塗装
 
シーリング工事 シーリング工事
屋根塗装 屋根塗装
防水工事 防水工事
 
タイル浮き補修 タイル浮き補修
クラック補修 クラック補修
ハナコレマイスター
 
 
 

足場

安全安心が第一、尚かつ迅速に施工することを心がけます。
足場
足場
足場
足場
 
 
 
 

高圧水洗い

お化粧の前の洗顔です。
外壁及び屋根塗装の前に、高圧洗浄を行います。外壁は表面の埃や汚れを洗い流します。屋根は特に苔などが蓄積していることが多いのでスッキリ綺麗に洗い流します。また、タイル使用の場合は薬品洗浄を行います。タイルやその汚れにあわせて、タイル焼しないように薬品の強さを調整して洗浄を行います。
高圧水洗い
高圧水洗い
 
 
 

外壁塗装

塗料には様々な種類があります。
アクリル→ウレタン→シリコン→セラミック・フッ素という順番で耐久性が良くなっていきます。
新築時にはあまり性能の良い塗料が使用されていることは少ないです。(これは手を抜いているということではありません)
最近のリフォームにおいてはシリコン樹脂塗料を使用することが標準となっております。
耐久性は12年〜14年位が目安です。
シリコンとセラミックの中間のセラミックシリコンや、石材調などの意匠性をもった塗料や、話題の遮熱・断熱塗料など様々な塗料があります。
お客様のご要望に応じてチョイスしてご提案差し上げております。
外壁塗装

下塗り材を塗ります

外壁塗装
外壁塗装

主材1回目塗装 中塗りです

外壁塗装
外壁塗装

主材2回目塗装 上塗り完成!

 
 
 

シーリング工事

下地調整工事として非常に重要です。
経年劣化により汚れ、痩せ、硬化、破断を起こします。また黒ずみ等の汚れをブリード現象といいます、シーリング材に含まれている可塑剤(柔軟剤・油分)が表面ににじみでて大気の汚れを吸着している状態です。
施工方法には2種類あります。シーリングの打ち替えと打ち増しです。サイディングやRC造の場合等は既存を撤去して新たにシーリングを行うので打ち替えです。ALC造は板間及びサッシ廻りのシールに、新築時に上から塗装が施されています。既存を撤去せずにその上からシーリングを行うので打ち増しと呼びます。
シーリング工事
シーリング工事

既存を撤去してマスキング

シーリング工事

シールを打ちます

シーリング工事

ヘラでならします

シーリング工事

マスキングを取って完成

シーリング工事

プライマーを塗布

 
 

屋根塗装

屋根は建物の中でも一番過酷な自然環境にさらされています。
直射日光や風雨など最も影響される部分です。経年変化により外壁と同様に防水力が低下して苔の発生や変色が起こります。また、乾燥湿潤を繰り返し、反りや割れが発生します。
屋根材としてはスレート瓦と呼ばれる コロニアル・カラーベストやアスファルトシングルがあります。適切な塗材・施工方法を行うことが必要です。
最近は遮熱塗料が標準になりつつあります。夏の暑さを軽減して、さらに省エネ対策の一役を担っています。おすすめです。
屋根塗装
屋根塗装

高圧洗浄後

屋根塗装

プライマー塗装 下塗り

屋根塗装

主材塗装 中塗り

屋根塗装

主材塗装 上塗り 完成

 
 
 

防水工事

何か問題があると漏水につながる可能性の高い場所です。
RC・ALC造の屋上やベランダ、また木造であってもバルコニー等の床面が対象箇所です。屋上はもちろんのことベランダも階下がお部屋であることが多いので、何か問題があると漏水につながる可能性の高い場所です。外壁同様に定期的びリフォームを行う事が大切です。
一般的に新築時はコンクリートの床になっていることが多いと思います。屋上などの広い面積の場所ではコンクリートの床に黒いゴム状の目地が十字に交差しているとが多くこれを伸縮目地と言います。リフォ ーム時にはこの目地を撤去して新しく打ち替えてその上に防水を施します。 その他、新築時からシート防水(塩ビ・ゴム・砂付きルーフィング)や塗膜防水(ウレタン・FRP)等が施されている場合もあります。
リフォーム改修においては一般的にはウレタン防水・塩ビシート防水を施工することが多いです。最近では戸建てのバルコニーなどにはFRPが使われていることも非常に多くなっています。その場合10年前後の1回目のリフォームではそれほど劣化していることは少なくFRPトップコートの塗布で十分であることが多い傾向にあります。いづれにしても定期的なメンテナンスはお建物を効率的に維持していくには大変重要なことであると思います。
防水工事

既存

防水工事

伸縮目地打替

防水工事

プライマー後、メッシュシート敷

防水工事

主材塗1回及び脱気筒設置

防水工事

主材塗2回目

防水工事

主材塗完

防水工事

トップコート塗 完成

 
 
 

タイル浮き補修

タイル・モルタルの剥落や落下を防ぐ為にパールハンマーにて打音検査を行い、劣化部を補修します。
広範囲に浮いている場合は、タイルの貼替えとなります。
劣化部が少ない、点在している場合は貼替えだと周囲の大丈夫な目地やタイル下地をかえって悪くするケースが多くその場合はエポキシ注入等の工法となります。
浮いている所はカラカラと高い音がなり大丈夫な所はゴロゴロと鈍い音が鳴ります。
振動ドリルで浮き部を穿孔してエポキス樹脂をグリスガンで注入します。ピンニング工法といってステンレスピンを挿入する工法も あります。
タイル浮き補修

ドリル穿孔

タイル浮き補修

グリスガンでエポキシ注入

タイル浮き補修

注入後

タイル浮き補修

穿孔部穴埋

タイル浮き補修

完成

 
 
 

クラック補修

クラック(ひび割れ)(モルタル・サイディング・ALC・RC)
経年変化や震動により、RC造や木造の外壁、窓廻りなど弱い部分に収縮応力が集中することによりひび割れが発生します。
ALCの場合は、ALC板の欠損とも呼びます。
サイディングの場合は、割れ・反りなどと呼ばれます。サイディングが紫外線や風雨により、乾燥・湿潤を繰り返すことで収縮膨張によって発生します。
その他新築時の釘の打ち方によるものもあります。
施工方法:フィーラー擦り込み又はコーキング処理、UVカットシーリング
クラック補修

クラック補修1

クラック補修

クラック補修2

クラック補修

クラック補修3

クラック補修

完成

 
 
 
 
新着情報
2016/09/26

Sports of Heart 2016      に今年も参加致します。10/14・15・16 国立代々木競技場

2016/04/19

熊本地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に、被災地の一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

2016/03/29

弊社はおかげさまで3月25日に創立20周年を迎えることが出来ました。これもひとえに、皆様方のご支援、ご愛顧の賜物を思っております。心より感謝申し上げます。

もっと見る
ブログ
求人
スポーツオブハート2016
color simulation
ハイドロテクト
HANA COLLECTION ハナコレクション
シェアハウス
日本ペイント
UVプロテクトクリヤー
ジョリパットフレッシュ
ガイナ
リフォームローン
資料請求、お問い合わせ
除染作業
全国の外壁塗装専門家の検索、求人、無料相談受付中【外壁塗装相談求人相談.COM】