Banner Image
2022.11.10Blog - 11

採用担当者から見た履歴書・自己PRのコツ!

今回は、『採用担当者から見た履歴書・自己PRのコツ!』と題しまして

履歴書の書き方、コツについて、書いていけたらと思います!

 

履歴書を書く…特に、自己PRを書く、となると、

一体何をどう書けばいいのか、悩んでしまいがちだと思います。

 

「自分にアピールできるところなんてないな…」

と思っているそこのあなた!!

 

そんなことは絶対ありません。

自己PRでは、絶対的に天才的に秀でている点をアピールする必要はないのです。

この世界のほとんどの人は、そのような天才的な部分は持っていませんし、

私もその一人です。

 

まず、アピールをするポイントを探すところから始めましょう。

 

①「自分が得意・やや得意だと思っていること」を書き出してみる

※他人とは比較せず、自分の中では得意な方かな、と思うことでOKです。

 

②親や親しい友人などに「私の素敵な部分ってどこだろう?」と聞いてみる

※恥ずかしいと思うので「自己PRのために!」って言えば聞きやすいですよ

※どんな時にそう感じたのかも合わせて聞いてみましょう

 

③自分が感じていること、また他人から見た自分を比較して、

自分でもそう感じていて、他人からも素敵だと感じてもらっていることを

アピールポイントに定める!

※もし一致しなければ、他人から見た自分について、深堀して再度考えてみましょう。

自分では気づいていない、もしくは謙遜しているだけかもしれません。

 

以上のやり方が、私はおすすめです。

自分だけの視点では、気づかない素敵な部分もたくさんあると思いますので、

ぜひ周りの人の力を借りて、自分の素敵アピールポイントを探してみてください!

 

では、その次、

どのように自己PRを書けば、採用担当者の目に止まるのでしょうか。

 

それは「具体的なエピソードとあわせて書く」ことです。

 

授業で、部活で、バイトで、ボランティアで、などどのような場面でも構いません。

具体的に「こんなことがあったため、私は○○が得意です。」と言えると

根拠があるため、とても魅力的に感じます。

 

例えば、部活で人間関係がこじれてしまったとき、自分が仲を取り持ち、

部員一丸となることができた、という経験があったとしましょう。

 

そのことを書くとしたら、

 

=====

部内で人間関係がこじれてしまった際、

本人には相談にのりつつ、部員全員に皆に声を掛けたことで、

徐々に部内の雰囲気もよくなり、

最終的には、部員一丸となって部活動に励むことができました。

=====

 

=====

部員の一名が部活への意欲が低下してしまったことがあり、

部内で人間関係がこじれてしまった際、

本人とは、不安に思う点を一緒に解決できないか相談にのりつつ

また本人含め、部員全員に挨拶や試合中の声かけを積極的に行い、

徐々に部内の雰囲気もよくなり、

最終的には、引退試合まで一人もかけることなく、

前を向いて部活動に励むことができました。

=====

 

どちらのほうが、魅力的に感じるでしょうか。

 

やはり、具体的な内容があると、イメージがしやすく

どのような人かが伝わりやすいのではないでしょうか。

 

このように、具体的なエピソードを書くことで、自己PRの完成度はグッと上がります。

 

また、面接で、上記のようなエピソードに対して

「なぜあなたはそれを実践できたのですか」と聞かれることもあります。

これに対して、どう答えるか、考えてみるとより具体的になると思います。

(例)粘り強い性格だから、周り客観的に見ることが得意だから…等

 

…いかがでしたでしょうか!

文章だけでは伝えきれないこともたくさんあります。

 

12月以降、インターンシップや会社説明会を順次開催していきますので、

ぜひご参加いただき、面談の際に聞いていただければ

更に具体的にアドバイスできることもあるかと思いますので、

ぜひインターンシップ等の参加もご検討ください!